外房、テンヤマダイ釣り

アカムツ釣りに行く予定でしたが、前日になり予約していた船から、強風の為中止と連絡が入り、急遽テンヤマダイに行って来ました。

 

当日、外房は良い凪でした。関東あたりはそれほど天候も変わりないようでした。

アカムツは真鶴あたりの船でしたが。。酒でも飲みすぎたのでしょうか。

 

さて、肝心の釣りですが、今回はダイワの専用竿を用意してトライ。

しかし待てど暮らせど、魚がかかりません。

来るのはウマヅラハギのアタリばかり。

そして私は眠さmax。

 

タイもチラホラ釣れていますが、船中花鯛ばかりです。

 

最終的にはウマヅラハギ二匹とベラ一匹です。

テンヤやってタイが釣れな買ったのは初めてでした。

f:id:asti01230:20170404141353j:image

 

ちょこっとグチです。

隣にかなりの常連さんがいましたが、テンヤを引き上げては海面にバシバシ叩きつけるのです。どうやら齧られたエビを取っているみたいです。

 

テンヤが私の顔をかすめるようなところを飛んで行くので危ないなぁと思ってましたが、船頭も中乗りも注意すれば良いのに、始終贔屓するような対応をされてたのが残念です。

私らは初めから素人扱いされてガミガミ言われましたけど。

 

せっかく2時間かけて行ったのにあれではちょっと残念です。

また船宿を探します!

サワラ狙い再挑戦!

2/13磯子の鴨下丸さんより、ルアー青物で出船。

月曜なのに片側7-8人と大盛況、船頭さん曰く土日より人多いとのこと。

 

出船後まずは右のトモにいた、常連さんと思しき人がフォールで喰わせ、サワラをゲット。

他の人もイナダなどをポツポツ上げて行きますが、僕には何も訪れません。

 

 お昼過ぎ、ようやく僕にもヒット。

しかし上がってきたのはサバ。。。

気力が萎えそうでしたが、マサバで良かったと思い気を取り直してしゃくります。

 

お次に上がってきたのはトラフグ

初めて釣りました。けっこう引きますね。

 

その後、無心でしゃくり続け、恐らくは残業中であろう15時26分、船宿で朝買ったゴールドのジグにヒット!

フロントフックが上アゴにがっちりかかりサワラをようやく釣り上げることが出来ました!

長かった!4回目の挑戦で何とか一匹です。

f:id:asti01230:20170228125536j:image

 

ルアー全般苦手意識を持っていましたが、長い時間、常連さんや上手い人の動きを見ながら試行錯誤して、ちょっとだけルアーがわかったような気がしてきています。釣る人はやはり準備をしっかりしているなと思いました。また挑戦したいです。

 

 

 

青物ジギング、サワラ狙い

この冬はどうしてもサワラが釣りたくて、10日金曜に、東京湾青物ルアー船に乗船しました。 

 

お伺いしたのは金沢八景の太田屋さんです。ちょくちょくお世話になっています。

 

この日、厳しい天気でした。

北風が強い時間帯もあって、船もかなり揺れましたし、雪が降ったり雨になったり。。

釣りをするにはハードコンディション!

 

結果も厳しく、15時まで船頭に頑張って頂きましたけど無念のボウズです。

他に2名いらっしゃった方は鬼カサゴやアジを釣られてました。

 

ルアーってなんて釣れないんだろうと思ってしまい、ジギングはなかなか上手くなれません(^_^;)

 

外房大原ヒラメ(再挑戦)

前回ヒラメにお目にかかれなかったので、日をおかずにリベンジ釣行しました。

 

船宿の選定には、初めてですが、キャスティングの釣り船予約、釣割を使ってみました。

 

前回の船宿は、電話や宿での対応は非常に親切で良かったのですが、海上ではほぼノーフォローでしたので。

 

そんなわけで外房大原の勝晁丸さんという船に行きましたが、港に着いてみてビックリ、船が非常に大きいです。

船室は広々、靴を脱いで寛げます。何とエアコン付きです。奥には3段ベッドもありました。6-8人くらいは眠れそうです。

 

肝心の釣りについては、アタリ1回、ヒラメ2.1kgを何とか釣り上げることができました。

ひとまず目標は達成したのですが、竿まで買って行ったのに少々寂しい釣果です。

 

でも、中乗りの兄さんのフォローがマメで、会話もしながら始終気持ちよく釣りをさせていただきました。またお伺いしたいです。

f:id:asti01230:20170228131349j:image

外房大原、ヒラメ釣り

1月22日、日曜日。初釣りは初挑戦のヒラメ。

 

船はネットで探して、外房大原港のつる丸さんというところに決定。

 

漁港を出たあたりで、大うねりで船が大ジャンプ。暗くて船が見えないのでみんなでびっくり。

 

道具はレンタル、エサ付けで苦戦しながら、2投ほどのタイミングで、船長より、お客さん港において来ちゃったので一旦戻りますとのアナウンス。

そんなこともあるんだね。

 

肝心の釣りはというと、待てど暮らせどいっこうにアタリ無く、周りの人がポツポツと釣る中、エサも齧られずにただ時が過ぎた。

 

あまり釣れた日では無いようだけど、自分の乗った右舷7人、5人がヒラメをゲットできず、トモのベテランさん2人が3枚と4枚だったかな。

そのベテランさんは流しによって糸を送ったりして、上手くやっていたけど、まだ自分には状況が良く理解できませんでした。

 

さいたまから2時間かけて行き、何も釣れないのはこたえますね。